2020/06/01
 新型コロナウィルス感染症の拡散により、土日の自粛要請に始まり、ついに非常事態宣言が発令されました。 リーマンショックを超える不況がくるとも予測される中、従業員の不安を払拭しモチベーション維持のため、工夫する会社も現れました。  ...

2020/05/01
 製造業A社(創業30年、社員50名)で、共同就職面談会での出来事から社内ルール改革に至った事例です。...

2020/04/01
 富裕層向けドッグサロン業A社(社員4名)での出来事です。    A社長は1年前にペドッグサロン業に進出し、売上は好調に推移し半年後には単月黒字に達しました。  ...

2020/03/01
 創業6年・職員数20名の士業事務所(以下、事務所という)での出来事です。   当事務所は、地元の大手事務所の雇われ所長と副所長が共同経営で創業しました。創業時の職員は、副所長を慕う大手事務所の職員から引抜き、また、好立地により開業当初から繁盛していました。  ...

2020/02/01
 中小企業から社員面談の依頼を受けることが多くなりました。  各社の社長は、昨今の採用難や離職率の高さから社員の本音を把握したいが、いきなり社長自身が対話をしても、本音を引出すのは難しいと感じています。 一般的に社員は、第三者が聞き役になる方が社長が面談するより本音を漏らしやすいのも事実です。...

2020/01/01
 昨今、土木・建設業の技術者の有効求人倍率は、8.68倍(「ハローワーク品川、2019年2月求人・求職バランスシート」1人を約9社で奪い合う状態)です。また、技術系社員が退職すると代替要員はなかなか採用できません。   そこで、総合建設業A社(創業25年、社員25名)での出来事を紹介します。...

2019/12/04
4月1日より、年次有給休暇の取得促進のための法律が実施されました。 これは、働き方改革の一環です。労働基準法において有給休暇の付与日数が10日を超える従業員が対象で、有給休暇のうち5日については、使用者が時季指定しなくてはならないことが規定されました。 中小企業にとって問題なのは、企業規模を問わず全ての企業が対象となったことです。  ...

2019/11/01
 2019年4月1日より、働き方改革の一環として年次有給休暇の取得促進のための法律が実施されました。  労働基準法において有休休暇の付与日数が10日を超える従業員が対象で、有給休暇のうち5日については、使用者が時季指定しなくてはならないことが規定されました。  中小企業に対する経過措置はなく、企業規模を問わず全ての企業が対象です。...

2019/10/02
弁理士法人A社(社員15名・創業20年)での出来事です。 ある日、所長が問題社員の退職対応について相談したいと来社しました。 詳しく話を聞くと、「3カ月前、性格面で気にかかる部分はあったが、私の意思で採用したパート社員B子(弁理士・有資格者・39歳)だが、1週間無断欠勤をした。...

2019/09/02
 美容業O社(創業15年、社員7名)での出来事です。  美容学校で知り合ったAとBは、卒業後それぞれ独立し美容サロンを経営していました。同窓会で出会った二人は意気投合し共同経営をすることになりました。出資比率は50対50で、共同経営に関する契約書を結ぶことなく登記し、内装工事、社員募集とトントン拍子で進め店をオープンさせました。...

さらに表示する