2021/05/01
 2020年の帝国データバンクの調査では、後継者不在率(全国・全業種)は 約65%でした。特に承継を検討する時期に差し掛かる50代では、後継者不在が7割に迫ります。  ...

2021/04/01
 新型コロナウィルス感染症の拡大防止策であるテレワーク(在宅勤務など)の導入が広まる中、管理職の多くは悩みを抱えています。部下と直接会う機会を失い、部下の心の状態や業務の進捗状況の把握、優秀な部下への業務集中を避けるための配分などです。...

2021/03/01
 新型コロナウィルス感染症の拡大防止策であるテレワーク(在宅勤務など)の導入が広まる中、他社員と直接会う機会を失い、会社に馴染めずに苦悩する新入社員は少なくありません。  一般的にテレワーク導入のメリット・デメリットは、次のように報じられています。...

2021/02/01
 今春、就業規則を見直す企業が増えました。「時間外労働の上限規制」や「同一労働・同一賃金」への対応など働き方改革による関連法の施行に伴うものです。...

2021/01/04
 新型コロナウィルス感染症の拡大を受けた在宅勤務を機に、大手企業を中心に「ジョブ型」雇用制度導入が加速しています。ジョブ型とは、かつての成果を時間で計る働き方ではなく、職務や役割を明確にし、その成果で評価し管理する雇用制度です。...

2020/12/01
 多くの企業では、新型コロナウィルス感染症の拡大防止策としてテレワーク・在宅勤務の導入が始まっています。  ...

2020/11/01
 4月中旬時点で、新型コロナウィルス感染症の拡大防止策であるテレワーク・在宅勤務は、企業の97.8%で取り組まれています(経団連による実態調査)。  このような背景の中、飲料大手のダイドードリンコでは、9月より在宅勤務に伴う電気代や必要な備品の購入を補助するため、月額3,000円のテレワーク手当を支給することになりました。...

2020/09/01
 新型コロナウィルス感染症による非常事態宣言も解除され1カ月以上を経過しましたが、経済活動の自粛や制限による影響は大きく、コロナ関連で倒産した企業は合計で300社(帝国データバンク発表、7月7日現在)を超えています。  上位は順に「飲食店」「ホテル・旅館」「アパレル・雑貨小売店」です。  ...

2020/08/01
 新型コロナウィルス感染症による非常事態宣言も解除され、経済活動は再開に向かっています。 しかし、経済活動の制限による影響は大きく、東京商工リサーチの発表では、新型コロナウィルス関連で経営破綻した企業は6月に入り合計で200社を超え、従業員被害者数の合計は約8,000人に達します。...

2020/07/01
新型コロナウィルス感染症の拡大より非常事態が全国に宣言されました。  飲食業などのサービス業を中心に、収益が大幅に減少しています。頼みの雇用調整助成金の支給も遅れ、雇用の維持が厳しい状況に陥っています。...

さらに表示する