2019/11/01
 2019年4月1日より、働き方改革の一環として年次有給休暇の取得促進のための法律が実施されました。  労働基準法において有休休暇の付与日数が10日を超える従業員が対象で、有給休暇のうち5日については、使用者が時季指定しなくてはならないことが規定されました。  中小企業に対する経過措置はなく、企業規模を問わず全ての企業が対象です。...

2019/10/02
弁理士法人A社(社員15名・創業20年)での出来事です。 ある日、所長が問題社員の退職対応について相談したいと来社しました。 詳しく話を聞くと、「3カ月前、性格面で気にかかる部分はあったが、私の意思で採用したパート社員B子(弁理士・有資格者・39歳)だが、1週間無断欠勤をした。...

2019/09/02
 美容業O社(創業15年、社員7名)での出来事です。  美容学校で知り合ったAとBは、卒業後それぞれ独立し美容サロンを経営していました。同窓会で出会った二人は意気投合し共同経営をすることになりました。出資比率は50対50で、共同経営に関する契約書を結ぶことなく登記し、内装工事、社員募集とトントン拍子で進め店をオープンさせました。...

2019/08/03
 製造業A社(創業30年、社員「パートを含む」20名)で起きた出来事です。  独身社員B男(40歳)は、ここ数カ月、笑顔が絶えず楽しそうに働いていました。社員研修中のスピーチで、「結婚を前提にシングルマザーの女性と交際中です。近々結婚します。」と、宣言し祝福を受けました。...
2019/07/01
 飲食業A社(創業15年、社員7名)での出来事です。  創業者である社長は、60歳で2年後に引退を考えています。  以前の社長は、社員に対するパワハラを繰り返していました。ミスをすれば体罰を与え、他の社員の前で本人を罵倒する、気に入らないことがあれば社員に八つ当たりする、など経営者以前に人として問題がありました。...
2019/06/29
 4月1日より、年次有給休暇の取得促進のための法律が実施されました。これは、働き方改革の一環です。労働基準法において有給休暇の付与日数が10日を超える従業員が対象で、有給休暇のうち5日については、使用者が時季指定しなくてはならないことが規定されました。中小企業にとって問題なのは、企業規模を問わず全ての企業が対象となったことです。...
2019/06/28
 2019年4月1日より、働き方改革の一環として年次有給休暇の取得促進のための法律が実施されます。労働基準法において有休休暇の付与日数が10日を超える従業員が対象で、有給休暇のうち5日については、使用者が時季指定しなくてはならないことが規定されました。  中小企業に対する経過措置はなく、企業規模を問わず全ての企業が対象です。...
2018/11/19
 ある郊外の地域密着型クリニック(創業40年、社員「パートを含む」10名)で起きている最低賃金の上昇がもたらす出来事です。  東京都(全国の加重平均値)の最低賃金の推移をみると、 〇2008年・・・766円(全国の加重平均値703円) 〇2018年・・・985円(全国の加重平均値874円)...
2018/11/18
 社長が社員を信用しきれないため、社員が思い通りに動かずすぐに切れてしまう、中小企業にありがちなワンマン社長の事例です。社員側は「どうせ信用されていないし、具申しても耳を貸さないし、そこそこ働けばいいや」と士気も上がらず、業績は一向に伸びません。一般企業でも優秀と言われるワンマン上司とその部下の関係においてもおこり得るお話です。...

さらに表示する